【便秘解消情報】ズバリ!便秘になりやすいのはこんな人!

便秘は生活習慣が大きく影響します。便秘になりやすい人は、便秘になりやすい生活をしている場合が多いのです。以下のような生活をしている人は注意してくださいね。

不規則な生活を送っている

腸はリズムを大切にする臓器です。生活が不規則だと自律神経のバランスが乱れ、腸の働きが止まったり、逆に過剰になったりして便秘につながります。

ストレスが多い

カチカチ精神的なストレスは、腸のはたらきにダイレクトに影響します。ストレスによって自律神経の働きが妨げらると、それがきっかけとなって胃腸の働きが弱まってしまいます。便秘・下痢を引き起こす過敏性腸症候群は、ストレスも関係していると言われています。

いつも時間に追われている

忙しい時間に追われて生活していると、便意を感じてもトイレに行く時間もなく、便秘を招いてしまいます。

水分不足

水分は便を柔らかく保ち、通りを良くするため、水分を十分に摂っただけでお通じがよくなる場合もあります。ただし、カフェインやアルコールを含む飲料は、消化器の水分を減らす傾向にあるので、できればノンカフェインのものを選びましょう。また、便の硬さは水分と食物繊維の摂取量で決まります。どちから一方でも足りないと便秘になります。つまり、水分を十分に摂っていても、野菜等が不足していると便秘になることもあるのです。

妊娠中

妊婦妊娠中は女性ホルモンの影響で便秘になりやすくなります。また赤ちゃんが大きくなるにつれて、大きくなった子宮が腸を圧迫し、便の通りが悪くなります。

ジャンクフード

コンビニやジャンクフードばかり食べていると、食物繊維の絶対量が足りなくなり便秘になります。

ダイエット

ダイエット便の材料は食事です。食べないと出ないのは当たり前です。→誰も知らない9つの真実「ご飯抜きダイエットでひどい便秘になる?

旅行の影響

旅行に行くと、便意をもよおしてもタイミングを逃したりするものです。しかし、このタイプの便秘は一過性のものですので、旅行から戻ると大抵元に戻ります。

下剤の影響

慣れ下剤を飲みすぎると、その刺激に腸が慣れてしまい便秘をさらに悪化させます。頑固な便秘の場合には薬を使用するのもやむを得ませんが、下剤には習慣性がありますし、根本的な解決にはなりません。まずは生活習慣を見直して、便秘を招きやすい要因を取り除くことが大切です。→誰も知らない9つの真実「便秘薬は飲めば飲むほど効かなくなる!?

抗生物質の影響

抗生物質は善玉菌までも殺してしまうので、腸のはたらきが悪くなり便秘になりやすくなります。

執筆: | 公開: