ヨーグルト

いま「生きてそのまま届く」というヨーグルトをよく見かけますね。ほかにもフルーツが入っていたり種類はさまざまです。ヨーグルトは牛乳、または脱脂粉乳を乳酸菌で発酵させたものです。

その乳酸菌を腸内に届けるといわれているヨーグルトですが、食品の発酵を助ける乳酸菌と、あなたのおなかの中に棲む乳酸菌とでは種類がちがいます。

また、生きたまま乳酸菌を腸内に届けるのは非常に難しいでのです。口から摂取する乳酸菌の約99%までが腸にたどり着かないまま死滅するといわれています。これはある意味、人間の体にはそう簡単に外来菌を受け付けないすばらしいシステムが備わっている証拠であるともいえます。

中にはカプセルにはいったもの、胃酸などに強い乳酸菌などありますが、めでたく腸にたどりついたからといって、そのまま棲み続けるとは限りません。先ほど申し上げた「免疫システム」がはたらき、便と一緒に排出されてしまいます。ヨーグルトの乳酸菌をまとめると…

  • 胃酸や胆汁酸によって殺菌されてしまう
  • 善玉菌は酸素を嫌うので、酸素に触れた乳酸菌は腸内では生き延びない
  • 自分のぴったりの乳酸菌はそう簡単に見つからない

ヨーグルトを毎日食べましょうといわれているのはそのためで、食べるのをやめると結局、外来菌はいずれいなくなってしまいます。また、毎日同じヨーグルトを食べ続けるのはちょっときついし、乳製品は動物性の脂肪が多いのでカロリーを気にする女性も多いのではないでしょうか。

便秘解消にもっとも有効なのは、もともとおなかに棲んでいる善玉菌をふやすことです。

ただし、免疫システムによって殺菌された乳酸菌は善玉菌のえさになりますので、ヨーグルトにはまったく効果がないとうわけではありませんよ。ただ、ほかの乳酸菌をお腹で育てるのは難しいのが現状でしょう。おなかの乳酸菌は、あなただけの乳酸菌なのです。

しっかりと育てるためにも、食生活をもう一度見直し、お腹のなかを善玉菌が棲みやすい環境に育てておく必要があります。

執筆: | 公開: