第23回フランスのレストランのお薦めメニュー


皆さん、こんにちは。


前回の『食いしん坊のカフェ』には

沢山の反響をいただきました。

すごく興奮したコメントももらって…


なんだか…



みんなの鬱屈した気持ちが

伝わってきた~!



もう1年半も家に閉じ込められてて

旅行だって行きたいし

新しい経験だってしたいし

なにより

美味しいモノが食べたい

よね!


私もです!!



そこで、フランスに行けるようになったら

…ってことで

事前準備しておきましょう!


フランスのレストラン、カフェやビストロで

絶対注文してみてほしいモノ・・・



PLANCHE (プランシュ)

(直訳するとまな板)


は?まな板?

なんじゃそりゃ?



そう。まな板です。



いいモノがいっぱい乗ったまな板

そんなまな板なら大歓迎!




見てくださいコレ!

これはここっとさんフランス

住んでいたころの行きつけの

パリのビストロですが


シェフが選んできた

ハムやソシソン(サラミ)、パテ

それにチーズを盛り合わせています。




こちらは同じビストロですが

行った時期が違うんですよ。


その時々で入荷した美味しいモノを

のせてるんですね~



あ~もう、見るだけで

つばがじゅわ~っと出てきます。


これを



美味しいパンや



美味しい赤ワインといただくわけです!




こちらは別のレストランのプランシュ

コルシカ島のハムとソシソン、パテ

の盛り合わせです。

丁度そのレストランでは

コルシカフェアやってたんですよね。




PLANCHE(プランシュ)

は、基本、みんなで分ける前菜です。

写真のは、二人で山分けしました!

ペロリでしたよ!


PLANCHE DE CHARCUTERIE

とあれば、ハム、ソシソン、生ハムなどの

盛り合わせ。

Charcuterie (シャルキュトリー)は

それらの総称です。

重要ワード、チェック!(笑)


PLANCHE DE FROMAGE

とあれば、チーズの盛り合わせ。

Fromage(フロマージュ)はチーズです。


PLANCHE DE CHARCUTERIE ET DE FROMAGE

は両方乗ってます!


他にも、海の側では

魚介を使った前菜の盛り合わせの

プランシュとかもありますよ。



まな板に乗っていればプランシュ


たまに、プランシュの代わりに

ARDOISE(アルドワーズ)

って書いてあることもあります。


その場合は



スレートのお皿に乗っています。

スレートは薄い板状に割れる岩で

フランスでは、屋根瓦に使われています。

フランスのお城とかの屋根って

グレーでしょ?あれがスレートです。



プランシュに乗っても

アルドワーズに乗っても

最後はお腹に収まってくれるので

どっちでもいいんですけどね!



こんな記事を書いていたら

フランスに行きたくなってきました!

今ワクチン接種が進んできていますが

今後どうなるか・・・

早く前みたいに

あちこちに旅行して

美味しいモノを探したいですね!


(ここっとさん)


メンタルバランスの乱れと眠りを見直す夜の新習慣「スピカフェ」新発売!


【ここっとさんのスピカフェ体験記】

→NEW!)ストレス過多な方にマジお勧め

→1)睡眠の質をあげる!

→2)ストレスバリバリの時に飲むコーヒー


ここっとさん

フランスで10年以上暮らして帰国した経歴を持つここっとさん。ハーフの二人の男の子、そしてインコのマメルリハ、ウロコインコのバジルとの暮らしを綴ったブログが大人気のトップブロガー。ブログタイトル「魅惑のここっとライフ

 

快腸へ近道をゲット

するり麦とするっと抹茶・するっとカフェがお得なセットになりました。

こちらでご購入できます。


 

執筆: | 公開: