第10回フランスで人気復活のカラフル野菜



皆さん、こんにちは!

日本でも新しい種類の野菜を

スーパーでちょくちょく見かけるように

なりましたね!

最近はカラフルな根菜も増えてきて、

好奇心が強いここっとさん

必ず買って試してみます!



今日はまたフランスの話題に戻って

ここっとさんがマルシェで見つけた

変わった野菜をご紹介しようと思います!


フランスには「昔の野菜」とか

「古い野菜」とか

「忘れられた野菜」とか言われる

野菜が数種類あります。

それらはもう一度見直されて

マルシェで売られたりしています。



これらの野菜が忘れられてしまった

理由はそれぞれで、

生産量が高くないから

農家が育てなくなってしまったり


戦争中に沢山食べた野菜で、

当時のつらい生活を思い出したくなくて

戦後敬遠されたりで


昔はいっぱい食べていたのに

今は忘れられてしまった野菜

なんだって!

興味深いですよね!


その中にはアジア原産で

日本ではお正月に食べらえる

「チョロギ」も入ってるんですよ!



と言うわけで、

ご紹介するのは2つ!

一つ目は・・・



紫のジャガイモ

ラ・ヴィトロット

La Vitelotte



このジャガイモは、フランス独自の品種で

少なくとも19世紀の初めには

生産されていたそうです。


三銃士を書いたアレクサンドル・デュマは

このヴィトロットが大好きだったんだって!


このジャガイモの特徴は

クリやナッツのような深い味わい



そして調理して熱を加えても

鮮やかな紫色が保たれること!

これは嬉しい!


マッシュポテトやチップス

他にも色々使えます!


残念ながら日本ではまだ

見たことがありません!

探してます!


そしてもう一つ



トピナンブール

Topinambour

これは、そう、日本名があります。

菊芋

です!



上の写真はフランス

マルシェで買った菊芋

すっごく大きかったので

記念撮影したんだった。


そしてこちらが日本で買ったもの



日本の方がきれいで剥きやすそう

1月に表参道マルシェでゲット!

そう、日本でも買えるんです!

最近は冬場にスーパーにも

並んだりします。

イモと言う名ですが、キク科の植物です。


実はこの菊芋

イヌリンという物質を多く含んでおり

これが糖尿病やメタボに効く

と最近大注目されており

サプリなんかも販売されています。


ヴィトロット菊芋

チップスにすると美味しいですよ!

こちら、フランス時代に作った

カラフルチップス!



パーティーの色どりに最高です!

コツは、薄く切って

一度水にさらし

よく水気をとってから揚げます。



ヴィトロット

種芋を輸入して生産してくれる

農家さんないかなぁ。

味はここっとさんが保証します!

宣伝もするんだけどなぁ(笑)



これから色々なジャガイモが

お店に並びますよね。

新しいジャガイモを見かけたら

是非お味や色を試したいですね。


菊芋も冬場に出回りますので

今から楽しみです!


(ここっとさん)

 


ここっとさん

フランスで10年以上暮らして帰国した経歴を持つここっとさん。ハーフの二人の男の子、そしてインコのマメルリハとの暮らしを綴ったブログが大人気のトップブロガー。ブログタイトル「魅惑のここっとライフ

 

執筆: | 公開: