第29回「息子の理想の女性」

こんにちは!
4人家族のあぽりです。

今日は、22歳の息子との会話です。


息子の理想の女性を聞きました。

「なんでも食べる人」が
いいんですって。


夫が、好き嫌い大王なので、
私達夫婦を見て、
余計にそう思ったそうな。


相手が好き嫌い大王でも、
長く一緒にいるとその状況に
慣れるよ、と言うと、


外食でも、決まった物しか食べられないのが
不自由に思えるみたいで。

かーさんは、お父さんがいない時に、
お友達や、一人や、あなた達と
好きな物自由に食べているから、
何も問題ないわよ♪


定年後…。

それは大問題じゃない!?

(今ごろ)

そういえば、定年後は
ずっと家にいるんだわ!

今まで、お昼ご飯も
夫が食べられない物を
一人で自由に食べていたけれど、

朝も昼も夜もいるんだわ!

ふんげーーー!


子供二人にお願いしたわ!

老後は、時々かーさんを
焼き肉やしゃぶしゃぶや、
イタリアンやフレンチに
連れて行って!

娘はすぐさま、
「いつでも連れて行くよー!」と
言ってくれました。
(たぶん支払いは私だけど)

息子も、
「しょうがねーな。
年に一回くらい連れ出してやるよ」と。

年に一回!?
もうちょっと頻度増やして(笑)


そういえば、旅行でも
夫の食べられる物が限られているので
お昼ご飯をどこで食べるかを考えるのも
苦労したし、
せっかくのご当地限定のご飯も、
夫が苦手な物だと諦めていたし。
宿でも、夫だけメニューを変更してもらった事も
一度や二度じゃない。

若い時のデートのクリスマスディナーでも、
ステーキが食べられないので
苦労したわ…。

私が美味しいと思う物でも
「俺はいまいち」とケチをつけられ、
行きたいお店も、
「俺はそこは食べられる物が無いから」と
断られていた。

今となってはそれが当たり前になって
慣れっこだったけれど、
それは夫がいない時に、
好きな物を食べていたから。

四六時中一緒にいる生活になったら、
夫の食に合わせた生活になるのかしら!
違うメニューを二つ作るのなんて
冗談じゃないし、
こうなったら、自分の食事は
自分で作る事にしようかな。

一緒に過ごすパートナーとの
食の好みって大事かもしれない!
今世では出来なかったけれど、
来世は私も、
何でも食べてくれる人と
結婚しようっと。

夫は今頃くしゃみしているわね。

 

(あぽり)

メンタルバランスの乱れと眠りを見直す夜の新習慣「スピカフェ」新発売!

【あぽりさんのすっきり体験記】

↓あぽりさんのブログ(ライブドアブログ)に移動します

1)「するり麦」体験記(その1)

2)「するり麦」体験記(その2)

 

3)「するっとカフェ」体験記(その1)

4)「するっとカフェ」体験記(その2)

 

5)再び「するり麦」体験記

 

好評連載中!過去記事はこちら


あぽり

夫、長男、長女との4人家族のアラフィフ世代の主婦。家族や日常のことを描いたブログ「絵日記でございます。」が人気で、その人柄から読者やファンからの信頼も厚い。現在、ライブドア公式ブロガーとして活躍中。あぽりさんのブログはこちら(ライブドアブログ)

 

執筆: | 公開: