おかあさんおかわり第12回「25年語り継がれるスープの味」

こんにちは!あぽりです!
夫と息子と娘との4人暮らしの主婦です。

前回と、前々回と、
新婚時代の話を書きましたが、
引き続き、
今回まで、新婚時代の話です。

夕飯メニューに悩んでいた時、

新聞広告の片隅に載っていたレシピで、
いい物を見つけました!

 

料理名は
「フレッシュスープ」

レシピの内容からイメージしたのは、
パンプキンスープに酸味がプラスされて、
ヘルシーさが漂う、夏っぽいスープ!
美味しそうじゃない!♪

パンプキンスープは、
当時の私の得意料理(というほどでもないが)
だったので、
いつもの味とはちょっと違う、
変わった物を作ってみたくて
これにしました!

 

ティースプーン一杯くらいの量を味見した時は、
「めっちゃ美味しい~♪」とは
思わなかったけれど、
トマトの味が強い、複雑な味で(笑)、
でも、「食べられる味」だったんです。

メインは他にあるし、
スープだし、まぁいいか、くらいで
これを出す事にしました。

 

 

 

 

一口なら許されるけれど、
飲めば飲むほど不味くなる(笑)(笑)

トマトを変な物で練って混ぜて
薄めて複雑なスパイスを入れた感じ。
(何言っているか分からないですよね(笑))

私はトマトが大好きなんですが、
その、トマトが大好きな人が、
「このトマト不味い!」と思うような
味になっていました。

かぼちゃの味、どこ行った!?

 

 

私は、すぐにギブアップしたけれど、
夫は普通に食べてる!

「それ、美味しい…?」と聞くと、

「美味しい」と答えてくれた。

嘘でしょ!
味覚障害なの!?(←ひどい)

私は無理!
嫌なら残していいんだよ?と言うと、
やっと本音を。

 

 

新婚ですから♪
作ってくれた私に気を使って、
たとえ不味いと思った物でも
美味しいと嘘をつき、
きちんと食べようとしてくれていたんですね。

「不思議な味のするトマトスープかと
思った…」と。

不思議な味ーーー(笑)

後にも先にも、
私が「究極に不味い料理を作った」のは
この一回なので、
25年経つ今でも、
「あのスープは不味かったねぇ(しみじみ)」
夫婦の間で語り継がれているのであった。

 

(あぽり)

好評連載中!過去記事はこちら


あぽり

夫、長男、長女との4人家族のアラフィフ世代の主婦。家族や日常のことを描いたブログ「絵日記でございます。」が人気で、その人柄から読者やファンからの信頼も厚い。現在、アメブロ公式トップブロガーとして活躍中。

【あぽりさんのすっきり体験記】

↓あぽりさんのブログ(アメブロ)に移動します
「するり麦」体験記(その1)
「するり麦」体験記(その2)

「するっとカフェ」体験記(その1)
「するっとカフェ」体験記(その2)