第21回「吸われたら毛づくろい」


暑くなったり涼しい夜があったりを繰り返し
ついに、暑いだけの6月になってしまった気がします。

こんにちは。
暑さにも寒さにも弱い人間、藤緒です。


私が猫と一緒に暮らすようになったのは
ごく最近の話で、茶トラのミルミルが
人生最初の猫なのである。

猫についてまだ、本で読んだ知識しかなかった私にとって
本当に迎え入れていいのか不安はいっぱいあった。
特に、当時まだ会社勤めをしていたため
日中一人ぼっちにするのが、どうにも気が引けた。

しかし、ものの本によると猫は一日中寝ている奴らなので
人が気にするほど寂しい思いはしない
とのことだった。

猫のために会社を辞めるわけにもいかないので
その言葉を信じ、まぁ今に至る訳だが。
猫は本当に一日中寝ている。
朝、ご飯を食べて寝て。昼寝してたまにトイレに行って
夕寝してご飯食べたらまた寝る。

寝る。

家猫だからなのか、夜もしっかり私と同じベッドで
寝ている。

こんなに寝るんだな…と、寝てる猫を見るのもまた
愛しいと思う猫バカである。


しかし、寝ていると言っても
一日中本気の爆睡をしている訳ではない(はず)。
そのほとんどが、微睡んでいるんだろう。
私がちょっと席を立つと、何かもらえるんじゃないか?と
ものすごい機敏な動きで追いかけてくる。

別に寝てないです。
起きてるに決まってるじゃないですか。
あ、おやつですか?

と言わんばかり。

残念ながら私は人間なので、猫よりはいろいろと
やることがあるのだ。
世の中の丁寧な暮らしをされている方から見れば
恐ろしく手抜きな人生だが、それでも猫よりは
やることはある。

そう。
おやつではない。
私はトイレへ行くだけだ。
そして、コーヒーを淹れるんだ。

おやつは貰えないと分かると、また渋々だが
寝出す。

寝るんかい!


気温が高くなってくると、
それが疲れるのかはたまた快適なのかは分からないが
彼らはよく寝る。
また微睡んでるだけなんだろうと思ったら
ガチ寝していることもある。


これは猫にもよるが、
触られたり、撫でられたり、吸われたり
むはむはスーハーされたりすると
途端に毛づくろいを始める。

汚されたと感じるのか、もしくは好意的に捉えるなら
体についた母さんの匂いを味わいたい
という気持ちの表れなのか。

とにかく毛づくろいをする。

別にしていただいて結構なのだが
一つ難点を言うなら、毛づくろい直後の猫は
クサイ。

癒されたい気持ちと、愛する気持ちで
つい猫に顔を埋めたくなるのだが
必ず嗅ぎ終わった後「もういいですか?」と言う
冷たい目をして毛づくろいを始めるので
若干傷つく。

普段あんなにいい匂いなのに、毛づくろいすると
ショックを受ける匂いになる。
逆に言うなら、なぜあんなにクサくなるのに
時間が経つとまたいい匂いに戻るのか…。


暑いだけでもストレスを感じる私は
今日も寝ている猫に近づいて、
腹毛に顔を埋めるタイミングを見計らう。

(藤緒ミルカ)


【藤緒ミルカさんのすっきり体験記①,②】
↓藤緒ミルカさんのブログに移動します(アメブロ)

②バカ腸のその後…【その後】


藤緒ミルカ

猫3匹とご家族のほんわかとした日常を描いたブログ、「母さんは今日も世話をやく」が、猫好きの方のみならず幅広い世代に人気のトップブロガーさんです。
現在、アメブロ公式トップブロガーとして活躍中。藤緒ミルカさんのブログはこちら(アメブロ)

 

快腸へ近道をゲット

するり麦とするっと抹茶・するっとカフェがお得なセットになりました。

こちらでご購入できます。

執筆: | 公開: