ゆるゆらりさんコラム

アラフィフで飛び込んだ介護の世界。慣れぬ仕事に悪戦苦闘するうちに、外からはわからない人間模様が見えてきた。みんなを笑顔に変えるため、今日も張り切って窓を開けます!

第16回「親の背中を見た介護!?」

介護福祉士としてヘルパー勤務八年目のゆらりゆうらと申します。 二世帯同居二十七年目の姑は、なかなかの強者で、丁々発止の嫁姑バトルを繰り広げてきましたが、ここ二、三年の衰えぶりは激しく、いよいよ本格的な介護が必要になってき… →続きを読む

執筆: | 公開:

第15回「義母の介護に直面した時」

介護職八年目、姑との同居26年目のゆるゆらりと申します。 いろいろあっての同居生活‥きつくて、わがまま、自分勝手、こちらに干渉ぐいぐいしてくる、昔タイプの姑。 けっこう泣かされましたが、そんな姑も85歳をこえ、衰えぶりが… →続きを読む

執筆: | 公開:

第14回「訪問介護のやりがい」

デイサービスで、六年間働いた後、訪問介護に転職したおかん。 家事が苦手で、勤まるかどうか不安でしたが‥。 一年働いた感想は‥。 一対一で、責任重大ではあるけれど‥すごく、頼られ信頼されているのを感じると、がんばらざるを得… →続きを読む

執筆: | 公開:

第13回「笑って、食べて、話して」

訪問介護一年生の介護福祉士、ゆるゆらりと申します。 介護の中でも、認知症介護はデリケートな対応が望まれます。 訪問させていただいてるうちに、なじみの存在になり、信頼していただくことが何よりも大切な仕事です。 (ゆるゆらり… →続きを読む

執筆: | 公開:

第12回「お達者百歳の理由」

デイサービスの介護ヘルパーとして働いていた時に出会った、スーパー百歳の利用者さま。 元気にしゃんしゃん、とても百歳には見えませんでした。 ご家族の方が、その方の生きる力を最大限に引き出す介護を行う。そしてそれに応える利用… →続きを読む

執筆: | 公開:

第11回「認知症の方の心に救われる」

介護職を七年続けていますが、そこには他にない魅力があると思います。 「大変、きつい‥」そんなイメージが先行する介護職ですが、就いてみないとわからない面も多く‥ 特に、認知症の方の介護は大変かもしれませんが‥。 認知症の方… →続きを読む

執筆: | 公開:

第10回「姑っちの好き嫌い」

介護福祉士として、訪問介護で働きながら、介護のあれこれ家族のあれこれ漫画で描いてます、ゆるゆらりです。 はりきって、介護のお仕事してますが、体力勝負のこの仕事、アラカンにはキツイ‥。 家に帰るとバテバテ。 そんな時助けて… →続きを読む

執筆: | 公開:

第9回「やっぱり介護の仕事が好き!」

様々な影響をもたらしている新型コロナウィルス‥ 私が訪問介護しているお宅も例外でなく‥   年老いた親、しかもこのコロナ禍‥ 離れてお住まいのご家族で、可能な方は近くに来られますが、はっきり言ってそれはなかなか… →続きを読む

執筆: | 公開:

第8回「訪問先に父がいた」

訪問介護ヘルパーとして働きだして半年の介護福祉士ゆるゆらりです。 バタバタした日常の中、思い出すのは、今年一月に亡くなった父のこと。 認知症と診断されて五年‥最後は、大往生でしたが、やはり心に残ることがあり‥。 もう、現… →続きを読む

執筆: | 公開: