ゆらりゆうらさんコラム

アラフィフで飛び込んだ介護の世界。慣れぬ仕事に悪戦苦闘するうちに、外からはわからない人間模様が見えてきた。みんなを笑顔に変えるため、今日も張り切って窓を開けます!

第50回「デイに行きたくないノリコさん」

デイサービス勤務7年、訪問ヘルパーステーション勤務4年目の介護福祉士のゆらりゆうらと申します。 デイサービスで送迎担当もしていたので、デイサービスを楽しみにしている方ばかりでないってことは、よく知っています。 ご本人のリ… →続きを読む

執筆: | 公開:

第49回「コンビニでお節を」

漫画で介護のあれこれ描いています、ゆらりゆうらと申します。 お正月休み‥一応、あるのですが待ったなしの介護が必要な方もおられ、出勤できるヘルパーは関係なく訪問しています。 私も、今年も数件行く予定です。 そんな時、思い出… →続きを読む

執筆: | 公開:

第48回「介護のラストステージ」

訪問介護ヘルパーをしながら、介護の仕事や日常のあれこれを漫画にしています、ゆらりゆうらと申します。 認知症のお母様の「在宅介護」を、一人で頑張ってらっしゃる息子様がいらっしゃいます。 最初からかなり進んだ症状での、訪問介… →続きを読む

執筆: | 公開:

第46回「生き返った旦那様」

訪問介護ヘルパーをしていると、利用者様の担当が変わることもよくあります。 もちろん、ずっと同じ方を担当するケースもありますが、先日、三年ぶりに以前担当していたお宅を訪問することになったのです。 そして、その時感じた「異変… →続きを読む

執筆: | 公開:

第45回「高齢者と暮らせば‥」

訪問介護ヘルパーをしながら、漫画を描いています、ゆらりゆうらと申します。 今は入院中の姑っちと、同居27年。 辛いこと不便なことだらけの、とんでも姑との同居生活でしたが、そこから得られる教訓も 仕事も、介護職なので本当に… →続きを読む

執筆: | 公開:

第44回「一人暮らしを続けるには‥」

訪問介護の仕事をしながら、漫画を描いています、ゆらりゆうらと申します。 認知症の症状の進み具合は人それぞれ。 あっと言う間に進んでしまう方もいれば、進み方がゆるやかな方も。 しかし、担当した利用者の方の中にはこんな方も‥… →続きを読む

執筆: | 公開:

第43回「介護サービスに向いてなかった姑」

介護福祉士をしながら、介護のあれこれ漫画で描いてます、ゆらりゆうらと申します。 姑が、介護サービスの利用を始めたのは、八年前。 膝関節症で、両膝に人工骨を入れる手術をしたことがきっかけで、リハビリのためにデイケアに通うこ… →続きを読む

執筆: | 公開:

第42回「もういいかい まあだだよ」

コロナ禍が始まる前に、人生の幕をおろした父。 認知症になって、十年が経とうとしていました。 その最後の半年は、口から栄養が摂れなくなって、中心静脈栄養で点滴のみで生きながらえていました。 それが、正しいこと‥父が望んだこ… →続きを読む

執筆: | 公開: