お腹の冷えに注意

いつもおつうじ屋をご利用いただき、誠にありがとうございます。お変わりなくお過ごしでしょうか。おつうじ屋の石井でございます。

気温が夜まで下がらず、寝苦しい夜も多いこの季節。日中から夜までエアコンをかけっぱなしというお宅も多いのではないでしょうか。この季節に気をつけていただきたいのが、“お腹の冷え”。お腹が冷えると、胃や腸の働きが弱くなり、消化不良、下痢、そして腸内環境の悪化による便秘という悪循環へとつながります。

暑いときは、ただでさえ体力を消耗しやすいもの。さらにおなかの調子まで悪くなったら、夏バテ、熱中症などにもなりやすくなるので気をつけましょう。逆に、しっかりとおなかのケアができていれば、少々の暑さにもバテない体を保つことができます。腸は体全体の健康を支える重要な臓器なのです。

寝苦しさのあまり、布団を蹴飛ばしたくなるような夜もあるとは思いますが、薄手のタオルケットだけでもいいので、おなかだけはしっかりと守ってください。食欲のおちる夏こそ、おなかをケアしてしっかり快腸でありたいですね。

心から感謝を込めて 
おつうじ屋 代表 石井 幹子

執筆: | 公開: