【ケース101】持病、薬の副作用による便秘の悩み

【ケース1:持病、薬の副作用による便秘の悩み】 U・A様

持病があり、その薬の副作用による便秘でお悩みの方も多くいらっしゃいます。病院では下剤や漢方薬が処方されますが、一時的に出ても、辛い状況はなかなか改善しません。

持病とあわせて“便秘”でもお悩みだったU・A様。病院の検査で「おなかの中にうんちがいっぱい!」と先生に驚かれるほど。処方された下剤や漢方薬を飲んでも、改善しない苦しい毎日に「これではダメだ」と下剤を減らす決意をされ、それから1年後、2年後、3年後のストーリーです。

2015年12月

病気を患っており、いたるところに不調がある状態ですが、便秘も悩みのひとつでした。病院の検査で「お腹の中にうんちがいっぱい!」と先生に驚かれたくらいで、下剤や漢方薬を処方されていましたが、飲んでいる間はよくてもやめてしまうと元の便秘症に戻ってしまい、苦しい毎日でした。するっと抹茶を1日2回飲み始め、最初の1週間は効果がなく、下剤と併用したりしていましたが、下剤を飲んでトイレに行っても、するっと抹茶で取り入れようとしている良い菌まで出てしまっている気がして、これではダメだと下剤をやめる決意しました。下剤をやめて数日でしたが、なんと細々としていた便がしっかりした形で出てくるようになり、びっくりです。これはいいかもしれないとしばらく続けてみたくなりました。
——————————

2017年1月

するっと抹茶を定期購入して一年経ちました。飲み始めた頃は思うようにスッキリしないこともありましたが、1日2回必ず飲むようにしていくうちに少しずつ効果が出て来て一年経った今では飲む量を1日1回に減らしてもかなり調子がいいです。長期間続けることは難しいと思っていたのですが、効果が出ていくうちに毎月届くするっと抹茶が楽しみになっていました。飲み続けてきて本当に良かったです。美味しく飲めることも大事ですね。

——————————

2017年3月

するっと抹茶を飲み始めて2年目になりました。飲み始めた頃は病院の検診で腸内に便がたまりすぎて先生に驚かれるほどでした。便秘がひどすぎて食べることもできず、体重が減っていき、体に力が入らない状態でしたが、今年の検診では以前より腸内がだいぶスッキリしていると先生に言われました。調子が良くなったなという自覚症状もありましたが、実際に腸内の状態が改善しているというのを画像で見ることができると安心しました。

——————————

2018年9月

するっと抹茶を飲み始めて約3年です。少しずつ調子が良くなっていたので飲む量を減らしていたのですが、ここにきて持病が悪化してしまいお腹が動きにくくなって下剤を使うことが増えました。以前のように下剤だけに頼るより、するっと抹茶と併用しながら腸内環境を少しでも維持して行きたいので1日1回から2回に増やしています。朝はスムージーに混ぜて、夜は食後にヨーグルトと一緒に食べています。下剤と違ってするっと抹茶は量を増やしても大丈夫なので安心して美味しく飲んでいます。

執筆: | 更新: | 公開: