短鎖脂肪酸が重要な働きをするんですね!

先日のテレビは、NHKで放送していました。
腸内フローラは、細菌が大事だと…
細菌は、100兆個以上あり、神経は脳に次いで二番目に多いのが腸!
そこに居る細菌が良い悪いで、体調等変わってきてしまう…
その中でも、短鎖脂肪酸が重要な働きをするとの事。
その為には、食物繊維を多く取った方が良いとの事でした。
放送の中では、便秘・ダイエット・糖尿病はもちろん、外国では難病の方に健康な腸内フローラの人の便を入れ替えたら、病が改善された…性格も腸内フローラが大きく作用されている…等驚かされました。
そこで、腸内フローラを説明していたのが御社でした。
送られて来ました商品の小冊子に、腸内フローラの事が余りの書かれてないのが、残念…もっとアピールすればいいのになぁ〜と思いました。

今毎日3回飲んでいます。
腸が運動しているのがわかりますし、オナラが良くでます。(臭いです)
食事が不規則な為、頑張って続けていきます。

H・K様、いつもご愛飲いただきありがとうございます。
また、貴重なご意見もありがとうございました。
短鎖脂肪酸は、最近の研究で腸内環境、便通、など優れた効果をもたらす事がわかってきました。
その短鎖脂肪酸の産生にもっとも有効な食物繊維がグア豆の食物繊維なのです。
グア豆は短鎖脂肪酸の中でも特に有用な酪酸の産生量が最も多くなっています。
ですので、するっと抹茶には腸内フローラ(腸内環境)のバランスを良くする効果が期待できるのです。
これからも健康の為にもお続けいただければ嬉しく思います^^

執筆: | 公開: