下剤は最後の手段です。食べ物で改善するのが一番。

はがき

飲みはじめて6ヶ月が過ぎました。

私は超頑固な便秘に悩む66才のおばあちゃんです。
小さい頃から便秘がちで、よく父に浣腸してもらっていました。
成人して結婚して、出産もして環境は変わっても頑固な便秘はあいかわらずです。

でも本人はよく食べ良く寝て、でも出すものは少ない。
1週間位なくても平気でした。
な〜んて生活をこの年まで深く悩むことなく過ごしてきました。

ある年から人間ドックを毎年受けることになり、胃の検査でバリウムを飲み、その後飲むようにと渡された下剤が効かないので、翌年から普通の量の10倍の下剤を処方してもらい、帰ってきて効き目が出てくるのは翌日深夜になってから。
しかもキリキリと痛い。
大腸ガンの便潜血の検査では、要精密検査と言われ、大腸にカメラを入れることに・・・

幸いポリープはなかったのですが出血の原因はあまりの硬い便で切痔になっていたのでした。

そんなこんなで毎年、大腸ガンの検査を受けておりますが、最近の結果が、ポリープは無いけれど腸の膜が薄くてむこうの組織が透けて見えます。
などと恐ろしいことを医者に言われ、何が何でも薬を服用して毎日出さなきゃダメ!とダメ押しされ、癖にならないマグネシウム系の薬を処方されました。
確かに飲んでる時は出るのですが、その時だけ、本当は薬は飲みたくないけど・・・とスッキリしませんでした。

そんな時に娘(妊娠中)が勧めてくれたのが「するっと抹茶」でした。
娘は普段はとても快腸なのですが、「妊娠したら急に便秘がひどくなり、困っていたところネットで見つけて試しに飲んでみたら、とても良く効いた。」とのことでした。
なので私も取り寄せてみて飲んでみておいしかったし、何よりうれしいことに1度だけですが、出た瞬間ストンッというかスルッとというか、何年ぶりかの快感を味わいました。
早速、薬に頼らない生活を目指して定期コースをとってみました。

最初の1ヶ月はなかなか効果は現われず、でも続けていれば何とかなるサと、2ヶ月、3ヶ月と諦めず1日2〜3回ずつ飲み続けました。

もちろん食物繊維の多い物も頑張って食べていました。
時には下剤も飲みました。(出ない時は仕方ないので)
ある時、下剤が無くなったので、いつもの病院に行ったところ、初めて診てもらった先生に「下剤は最後の手段です。食べ物で改善するのが一番。」と言われ、具体的に食べる物やその量を教えてもらいました。

今までの医者は何だったのだろうと思い、この先生を信じて頑張ってみようと思いました。

以来ずーっと下剤を服用せず、食物繊維豊富な物と「するっと抹茶」で5ヶ月を過ぎた頃から、色も形もとても理想的なモノが出るようになり、現在「でるでるダイアリー」にシールを貼るのがとても楽しい毎日をすごしております。

半年前の自分とは別人のような快腸な生活を送ることができるようになり、感謝です!



[アンケート]
・1日に何回飲んでいますか? …2〜3回
・いつ飲んでいますか? …朝食後・夕食後・おやつ時

ヤマボウシの白い花様、いつもご愛飲いただきありがとうございます。
長い間の便秘を悩む事なくお過ごしだったのに、人間ドックがきっかけで、腸が健康でない事がわかったのですね。
良いお医者様にも巡り会われ、自然なかたちで健康を取り戻したいと、おつうじ屋を見つけて頂き、本当に嬉しいです。
するっと抹茶は即効性はありませんが、続ける事で腸内環境をくれます。
ご自身のペースで無理なくお続けいただき、自然なスッキリ生活を手に入れるまで、お手伝いさせてください。
そして、これからもご家族仲良くお過ごしください^^

執筆: | 公開: